エクセル分析ツール

エクセル分析ツールでヒストグラムを作るやり方

ヒストグラムは、データの分布を視覚的に表現するためのグラフです。データを一定の区間(ビン)に分け、それぞれのビンに含まれるデータの頻度を棒グラフの形で表示します。これにより、データの分布の形状や偏り、外れ値の有無を簡単に把握することができま...
エクセル分析ツール

エクセル分析ツール、関数を使った相関分析のやり方と結果の見方

相関分析は、2つ以上の変数間の関係性を測定するための統計手法で、相関係数を見れば変数間の関係の強さと方向がわかります。相関係数はエクセルの分析ツールや関数を使うことで、簡単に求めることができます。 この記事では相関係数をExcel分析ツール...
エクセル分析ツール

エクセル分析ツールを使った回帰分析のやり方と結果の見方

回帰分析は、従属変数(目的変数:予測したいデータ)に独立変数(説明変数:予測に必要なデータ)がどれだけの影響を与えるのかを予測する方法です。エクセルではアドイン機能の分析ツールを使えば簡単に回帰分析をすることができます。 回帰分析の目的は、...
実験計画法とは

”実験計画法とは”初めての人にも概要をわかりやすく解説

科学的な研究や実験を行う方は、効率よく、客観的な分析を行いたいと考えると思います。この記事ではそれをかなえる”実験計画法”について、数式や細かい技術的な詳細に入る前に基本的な概念について解説します。 ”実験計画法”とは 実験計画法とは、多数...
平均検定(Excel)

Excel関数を使って「対応のない2標本のt検定」を手動で計算するやり方

今回は、エクセルを使って”対応のない2標本のt検定”を「データ分析」を使用せずに関数と計算のみで実行する方法を解説します。”対応のある2標本のt検定”とは計算方法がちがうので注意してください。 【この記事でわかること】・”対応のない等分散を...
平均検定(Excel)

Excel関数を使って「対応のある2標本のt検定」を手動で計算するやり方

今回は、エクセルを使って対応のある2標本のt検定を「データ分析」を使用せずに関数と計算のみで実行する方法を解説します。 【この記事でわかること】・対応のある2標本のT検定を関数を使って計算する方法 では早速具体例を用いてエクセルでt検定を実...
未分類

F検定とT検定の違い

統計学では、データから正確な意思決定を行うためにT検定やF検定を使います。しかし、どのような分析をしたいかによって使用する検定方法を選択する必要があります。 この記事ではT検定とF検定の具体例を使って2つの検定方法の違いと、どちらの検定方法...
分散分析法(Python)

実践!Pythonで分散分析|一元配置、二元配置を例題つきで

t検定では2標本の平均値に差があるかどうかを判定する場合に使用します。分散分析は3水準以上からなるデータや2因子のデータの平均を統計的に判断できる有力なツールです。 Excelを使って分散分析をやることもできますが、Pythonを使っても簡...
分散分析法(Excel)

実践!Excelで分散分析、例題でやり方を解説

この記事ではExcelで「データ分析ツール」を使用した分散分散のやり方を具体例を使って紹介します。 【この記事でわかること】・エクセルを使った一元配置分散分析のやり方・エクセルを使った繰り返しのある二元配置分散分析のやり方・エクセルを使った...
分散分析法(Excel)

一元配置分散分析を例題でわかりやすく解説

一元配置実験と一元配置分散分析の違い 一元配置実験と一元配置分散分析は言葉は似ていますがことなる概念です。ですが、密接に関連しているので、まずはそれぞれの意味を再確認していきましょう。 一元配置実験とは 実験計画法のひとつで複数の因子(独立...